低用量ピルは毎日欠かさず飲む

高い確率で避妊する事ができる低用量ピル。
毎日飲むことが必要となりますが、毎日という事だけではなく、同じ時間に飲まなければなりませんので、いつもと違う予定が入った時など、飲み忘れには気を付けましょう。

低用量ピルは、毎日欠かさず飲む事によって効果持続します。
1日飲み忘れてしまうと避妊効果が低下してしまうという事もありますから充分に気をつけましょう。
1日飲み忘れたぐらいで・・と考える方もいらっしゃるはずなんですが、しっかりと飲み続けていただければ大丈夫です。

休薬期間まで飲み続けるか、飲み忘れに気が付いた時に休薬期間を取るというような感じでもOKだと思いますので、飲み忘れてしまった・・という場合はすぐに服用しましょう。

飲み忘れによる避妊失敗の例は?

2回とか3回以上の飲み忘れで妊娠してしまったという例はあります。
飲み忘れが続いてしまった場合の性行為は、避妊率が下がりますので気をつけなければなりません。
コンドームと併用するという方法で、妊娠しないように気をつけていただければ大丈夫だと思いますが、しっかりと避妊をしようと考えるのであれば、飲み忘れのないよう気を付けて下さい。

妊娠に対する不安がある若い女性も多いはずなんですが、ピルを服用する習慣を身につけていただくことで100%に近い避妊が可能となります。

ピル服用で仕事を頑張る女性

マタハラ(マタニティーハラスメント)が問題になっていますが、妊娠すると女性は仕事をやめさせられたりするケースが目立っています。
妊娠しても仕事ができる間は続けたいと考える方も多いのですが、まだまだ女性を軽視・差別する人や会社があるようなので、仕事をしたい!今はまだ妊娠してはいけない・・と考える方は、避妊する事を検討してみましょう。

日頃からちゃんとコンドームで避妊しているという方も、低用量ピルの服用を検討しましょう。
低用量ピルは女性側で避妊する事ができる薬です。
毎日飲まなければならないので面倒だと感じる方もいますが、高い確率で避妊できますので、結構多くの女性が始めています。

コストが高いと続けにくい

毎日飲むという事もあり、薬代がかかってしまうことになるのですがピル 個人輸入で購入する事も可能ですので、チェックしてみましょう。
ピルはドラッグストアなどで気軽に買えるわけではないのですが、インターネット上で個人輸入する事ができますので、とても便利です。

薬をもらう為に婦人科に行くという手間を省く事もできますから、まずは婦人科で処方してもらい、合わなければ他の種類を処方してもらうという感じで、自分に適しているピルを続けましょう。

自分に合うものがわかれば、後はサイトを選んで購入できるのでかなりオススメです。